遠藤設計工房

こんな誤解していませんか?

HOME>こんな誤解していませんか?

こんな誤解していませんか? よくある質問とお願い

建築家とつくる建築で、多くの方が誤解されている事をお伝えします

誤解1「偉そうな先生が自分勝手な作品をつくるのでは?」
建築は、建て主と建築家の共同作業です。
私たちは建て主の信頼を得ること、良き相談役になることが最も大切なことだと考えています。
誤解2「規模の小さな建築・予算の少ない建築の設計はしないのでは?」
規模の大小や予算の多少に関係なく、快適な住まいをつくることを理想としています。
また、増改築や耐震診断、インテリアコーディネイトや家具のプロデュース、資金計画など、建築に関する
あらゆることの御相談に応じる事ができます。また、一緒に考える事ができます。
「引き受けてもらえないのでは?」とお考えになる前に、まずはお気軽に御連絡下さい。
誤解3「設計料がかかる分だけ、割高な建築になるのでは?」
確かに建築工事費とは別に設計監理料を支払う形ではありますが、ハウスメーカーや工務店のつくる建物も設計をしますので、当然、設計料も見込まれています。
ただ、業務経費などという項目の中に含まれているため、見積の上で正確には見えていないだけなのです。
一方、建築家がつくる住宅は、設計監理という業務を工事とは別の契約とすることで、それぞれの役割と責任を明確にしようという方法です。
他の方法と比べて、設計料の分だけ割高になっている訳ではありません。
誤解4「デザインだけで、あとの面倒はみてもらえないのでは?」
専門家の責任をもって、しっかり品質管理を行います。
工事監理者として、施工状況をチェックし、工事が設計通り行われるよう確認します。
設計事務所に仕事を依頼する最大のメリットは、ここにあると言えるでしょう。
ハウスメーカーや工務店の工事管理と違い、クライアントの立場にたって、建築の品質を管理します。
また、完成後の万一の不具合についても対応いたします。

建築家からのお願い

手間と時間がかかることだけは、ご理解とご協力をお願いします。
充分な打合せや検討をかさね、常にクライアントの納得する建築を実現する努力をしています。

クライアントの要望を充分考慮した設計をし、施工業者からの見積が適正であるかの査定や工事が設計図の通りまちがいなく 施工されているかの監理を客観的に行っています。
そのためには、ハウスメーカーや工務店に依頼した場合と比べ、多くの手間と時間を必要とします。そのことを十分御理解いただき、ご協力をお願い致します。

ちなみに、ハウスメーカーや工務店(一括契約)の場合、利潤追求が目的です。
設計にかかる経費(時間)を少なくしようとするでしょう。
それで充分な設計ができると言えるでしょうか?
また、見積の査定や工事の監理も、同じ会社の人間が担当するため、客観性を欠く可能性が考えられます。